LINK
外国為替証拠金取引(FX)の投資をする上での対象は、各国各々の公式通貨なのです。通貨についての知識を勉強していこうと思っています。・公式貨幣には「基軸通貨」とよばれている通貨が存在します。基軸通貨とは、各国間での決済において金融商品の取引に際して主として使われる流通貨幣のことを指し現状では$(米ドル)であります。一昔前は英ポンドについて基軸になる通貨だったのですが終戦後はアメリカ合衆国ドルになりました。・FXを活用してやり取りされる公式通貨の種類は、他で言うところの外貨での投資と比べて段違いに多数というのが特質でしょう。FX業者により取り扱っている貨幣の種類においては、変わってますが通常では20種類前後ある模様です。20種類の中でも変動性が大きい公式通貨をメジャー通貨と呼びます。流動性が大きいという意味は売り買いがたくさんやられており、公式通貨の取引が簡易なという意味です。主流の通貨には上記で述べた基軸の通貨と呼ばれる$(アメリカドル)ドル(アメリカドル)、¥(日本円)¥(円)、EUROの3つの通貨が存在しており世界三大通貨と呼ばれております。英ポンド、豪ドル、カナダドルなどが準メジャー通貨と呼ばれております。これら貨幣以外の流動性が少ない通貨はマイナー通貨と称されて、経済力が弱い国での流通貨幣で南アフリカランドやシンガポールドル、トルコリラなどがメジャー通貨に関しては、売買されてるレベルが豊富なので値の乱調が静止していて、情報の数も豊富なそうです。マイナー通貨については利息が高い額な通貨が多いというのがあるので、値の激動がすごいらしいです。値の高安が大きいという事について、多大な利潤を得る絶好の機会が存在しますが、儲けがある分リスクも大きくて冒険事があります。重ねて変動が低い流通通貨という訳ですので、終了したいと思った時により出来ないかもしれない事があるのです。どの通貨を選択するのかという事については個別の公式通貨の性質をちゃんと調べてからにする事は重要であるのではないかと考える事ができます。